アヤメちゃんとは、PCMAXの中でメールの交換に成功しました。
介護施設で働くケアマネージャーの26歳。
彼氏がいなく、無性に性欲を強めてしまっている状態だったようです。
スカイプ交換になり、エロチャットを始めることになりました。

 

 まずは挨拶程度の、軽いエロ話からでした。
「彼氏のいない26歳の下着は、どんなやつ?」
「今日は、本当に普通のパンツなんです。白地に水色の水玉です」
「クロッチのところ、恥ずかしいシミとかあるの?」
「は、恥ずかしい・・汁が・・ついて・・います・・」
「ムラムラした気分なんだね」
「は・・はい・・」
「触ってたの?」
「まだ、触っていません」
「敏感なところは何処?」
「クリ・・です・・」
順調な文字のやりとり。
敏感部分を触るようにオナ指示を出すと、オナニーを開始してくれました。

 

 感じ始めたアヤメちゃんのアヘ声が聞きたく、通話にチェンジしてもらいました。
イヤフォンから聞こえてくる、見知らぬ異性の悶える声に、股間が激しく勃起。
それを握り締めながら、夢中になって卑猥なキーワードを投げかけ続けました。
「やだ・・汁がたくさん・・トロトロに・・」
「びしょ濡れのオマンコで、感じまくってるんだね」
「はい、いいです・・」
「本当にエッチな女の子だ、穴に指もいれてみて」
「はぁ・・ああっ・・・あああん、っはぁっはあっ・・」
猛烈なよがり声を耳にしながら、夢中になって肉棒をシコシコやり続けてしまいました。
これが完全無料!
ライブチャットのように相手の姿こそ見られなかったのですが、それでも大きな興奮を手にできてしまったのです。
アクメの後の交流もしっかりと楽しめました。
当たり前のように、次回の約束にもなりました。

 

 2回目の通話で、アヤメちゃんはテレビ電話を許可してくれました。
僕も、彼女にセンズリ鑑賞をさせてやりました。
見せ合いながら激しくオナニーを楽しみ、2人は興奮の渦中に放り込まれていきました。

おすすめ定番サイト登録無料

オナ友を探してセフレにするならココ!!